セフレ 作り方 体験談

セフレ 作り方 体験談

体の関係を目的としている以上、楽しさを優先してしまい、セフレとの関係が悪化してしまうことがあります。特に会う回数を重ねていくと、セフレと会う時に油断が生じてしまい、容姿や対応が雑になってしまう人も多いです。

 

しかし、愛を楽しむ行為の関係を行うからこそ、セフレとの関係でも礼儀はしっかりとしておきましょう。見た目はもちろんのこと、香水をつけ、ファッションを意識することで相手の気分を高めることができます。お互いがお互いを意識することができれば、プレイの幅も広がり、マンネリ化を防ぐことに繋がる可能性もあります。

 

特に男性の場合、仕事後に会うと匂いなどの対処が悪くなってしまう可能性があります。事前にシャワーを浴びる、香水をつけるなどということも気をつけましょう。

 

また、セフレと会う時に快楽目的になってしまうと、ムードを忘れがちになってしまうこともあります。異性にシャワーを進める、アロマや間接照明など雰囲気を良くする仕組みを導入するなど、気を抜かないようにすることも重要です。

 

セフレとの関係だからこそ、親しき仲にも礼儀ありを意識することで、より深い関係、プレイを楽しむことができます。女性は女性らしく、男性はジェントルマンとしての行動を行うと、よりセフレとの楽しい一夜が過ごせることでしょう。

 

 

 

私のセフレ事情

セフレについて書いていきたいと思います。

 

若い時にセフレはいました。付き合うまでではなくて、軽い関係だと思います。
友達でもなくて、本当に体の関係だけですね。
性欲はありますし、真剣に付き合える人がそう何人にも出会うわけでもない時に
ネットで知り合いました。
気楽な関係でいいですね。人に言うわけでもなく、浮気みたいな裏切りがない軽い関係だと思います。

 

セフレなんて他の人に言えば嫌な目で見られるだろうから言うことはまずないと思います。
大人になると余計にセフレって別にいいんじゃないのかなと思います。
もちろん彼氏彼女や、結婚してる人はするべきではないと思います。

 

パートナーがいなくて、お互いに合意の元であれば悪くないんじゃないかなと思います。
本当のところを言えば、セフレみたいなカップルなんてたくさんいるんじゃないかなと思います。
表向きはカップルなだけで、心から繋がってない人なんてたくさんいるように見えます。

 

変に縛られたくないし、恋愛に集中出来ない、誰かとスキンシップしたいって時にセフレがいると便利だなと感じます。
人って言うよりは物って感じになりますが、そうゆう固定概念に縛られずにたまに誰かと触れ合いたいと感じる時にセフレがいるといいなあと感じます。

 

 

よりエロい体験談などは、

 

セフレ体験談まとめ